バイト 経験者優遇 意味

バイトの経験者優遇の意味について

経験者って、どこまでの範囲ができれば経験者と言えるのでしょうか?

 

事務関係のアルバイトをやろうと考えています。
事務系は特に感じるのですが「経験者優遇」と書いてある求人を多く見ます。

 

「経験者優遇」って未経験だと採用されにくくなってしまうんですか?

 

そもそも、経験者優遇って、どこまでできれば「経験者」と言えるのでしょうか。
学校の授業でパソコンを習った程度だと経験者とは言えませんかね?

 

回答

 

経験者優遇という言葉は、確かに曖昧です。
これは、会社によって基準が違うのでなんとも言えないところです。

 

半年以上その仕事の経験があれば、経験者と言って、問題はないでしょう。

 

学校の授業でパソコンの授業があって、パソコンを習ったことを
事務経験とは言えません。

 

事務と言っても、必ずしもパソコンを使うとは限りません。

 

今の時代、パソコンを使わない仕事というのは、ほとんどありませんが
それでも、メインの仕事がパソコンを使わない事務だってあります。

 

そう考えると、パソコンの授業を受けて習った知識やスキルは
経験者と言えないことがお分かりいただけると思います。

 

また、あくまでも仕事としての経験を「経験者」と考えてください。

 

事務の仕事はパソコンを使った入力作業だけでなく
電話対応をしなくてはいけなかったり、コピーをしたり、
FAXを送ったり、ファイルの整理をしたり、色々な仕事があります。

 

実際のところ、確かに応募者が多いと経験者が優遇されることもありますが
まったく事務の仕事をしたことがない未経験者だとしても

 

面接でしっかり自分がこの仕事をしたいということをアピールすれば
経験者・未経験者に関係なく、採用してもらえることも十分にあります。

 

経験者でも、不採用になる人は不採用になるのです。
ここは、あまり考えずに、いかに面接でアピールすることができるかを、しっかりと考えてください。

 

経験者は、確かに経験をしている分
すぐに仕事に慣れてくれるという反面、変に知識があることで
会社側がやりづらくなることもあります。

 

その辺も考えて、採用をしているので気にせずに
やる気アピールをしましょう。